Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

エッセイ・詩・ノンフィクション

看取り
~生ききった証として~

看取り
~生ききった証として~

new

子宮頸がんのステージIVBと診断され、抗がん治療を行ってきた妻。
さまざまな努力は実らず、万策尽きたため、ホスピスに入院することに。
仕事を抱えながら妻に精一杯寄り添った記録――。

3匹のネコとの思い出

3匹のネコとの思い出

new

著者の家ですっかり家族の一員となっている3匹のネコは、それぞれとても個性豊かなネコたち。3匹のうち1匹が亡くなってしまったことをきっかけに、思い出を振り返ってまとめました。

漢詩選集 南山好日 わが詩の履歴

漢詩選集 南山好日 わが詩の履歴

奈良・平安の昔から明治の末頃まで日本人が当たり前のこととして作ってきた漢詩。全日本漢詩連盟などを通して受け継がれています。

椎樫横の診療所

椎樫横の診療所

逃げる光、暦の謎、目が覚めるコーヒー、活字拾いの涙、ツイスティ・パズル、幽霊文字、ある日章旗の話、図書館のミステリー、日本の私家版……
日常の中にたくさん転がっている小さくて見落としがちな話のネタ。
ジャンルに囚われることなく気になったものを拾い上げては掘り下げ、多くの方々に興味を持っていただけるようユーモア混じりにわかりやすく紹介しています。

はじめての瞼

はじめての瞼

はじめての瞼に淡きあかり射し
     告げざるうちに手は解かれり

漁火を左と右から数へあひ
     最後のひとつを重ねあふかな

陽のひかりすみずみ浴びつ寝る夜に
     影に向かひてすべりゆく月

花鋏深き想ひをさつくりと
     裁てば冷たき小指 初霜

ロビンソン遠くを眺むること止める
     朝に拾へり角持たぬ石

――『はじめての瞼』代表歌5首