Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

絵本・児童書

小さなおうちのお星さま

小さなおうちのお星さま

new

<あらすじ>
むかし、海の見える町に流れ星が すぅーっ と落ちてきて 男の子がうまれました。小さなおうちで育った男の子。
その男の子は、身体が弱く、たくさんのものを失いました。たくさん泣きました。

森岡さんちのねこ3 命は有限、魂は永遠

森岡さんちのねこ3 命は有限、魂は永遠

避けることのできない、家族との別れ。ねこはかけがえのない森岡家の家族。母を看取った聡子はねこへの恩返しを考え始めます。さまざまな縁に導かれ、聡子がかなえようとしている森岡家への感謝のかたちとは。

森岡さんちのねこ2 縁はめぐりめぐって

森岡さんちのねこ2 縁はめぐりめぐって

母との約束で自分の家を持った長女聡子は、ねこを迎えた暮らしをスタートさせます。介護業界で働く日々に、ねこがもたらすかけがえのない癒しや気づき。聡子は自らのキャリアを信じ、大きな決断をするのでした。

森岡さんちのねこ1 家族が教えてくれたこと

森岡さんちのねこ1 家族が教えてくれたこと

突然森岡家に迎えられることになった1匹の子ねこ、モコ。バラバラだった家族は心を一つにしてモコの世話を始めます。モコを中心に心を通わせ合う森岡家。それぞれが幸せをかみしめていたある日のこと……。

ジューナとベール

ジューナとベール

むかしある国に、こんな知らせが広まりました。
「今度の新月から満月の間に、美しい物をもって王宮までくること。一番美しい物をもつ女性を王子のお妃とする」
国中の女性が沸き立つ中、はずれの村におじいさんと暮らすジューナも、クモの糸を使って美しいベールを編み上げ、出発します。