Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

日本の原風景 放浪の写真師林良平写真集(1876~1954)
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

大正・昭和の始めの時代の富士山、日本の風景が甦る!

日本の原風景 放浪の写真師林良平写真集(1876~1954)

¥2,500 (税込)

著者 林良平

B5判・200頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-18862-6

2014年4月発行

確かな技術で撮影された日本の原風景
写真師林良平(1876~1954)の至極の写真集。

著者紹介
1876年(明治9年)愛知県豊橋の鍛冶屋に生まれる。
1914年(大正3年)東京蔵前工業夜学に、38才で入学し、本郷の望月写真館に就職。写真技術を習得する。
大正初期から、御殿場太郎坊二号二尺で登山客を撮影し、御殿場の大乗寺に住み富士山を写す。
1921年(大正10年)伊豆下田の、松本しまと45才で結婚し河津に住む。
夏富士の登山客の撮影は、昭和4年まで行う。
富士山、伊豆、信州、奥秩父などを徒歩で撮影し、約2,000枚の乾板を残す。
1954年(昭和29年)78才で他界。