Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

STAP細胞 事件の真相
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

『STAP細胞 残された謎』の続編!
事件はいよいよ核心に迫る。

STAP細胞 事件の真相

¥1,404 (税込)

佐藤貴彦

四六判・216頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-22502-4

2016年12月発行

STAP細胞は本当になかったのか。そんなテーマを掲げ、中立的な立場から論理的に検証した前作は大きな話題を呼んだ。
続編となる本作は、さらに事件の真相へ切り込んでいく。

その後、2016年2月には小保方氏本人による著作『あの日』が刊行。同5月、ES細胞の窃盗容疑は「事件の発生自体が疑わしい」として不起訴処分が下された。
にもかかわらず、小保方氏へのバッシングは後を絶たない。
小保方氏を犯人とする根拠は正しいのか?
それとも、何物かの手によって仕立て上げられたのか?