Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

STAP細胞 残された謎
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

「理研の発表」に偏ったマスコミの報道では分からない、事件の真相を暴く。

STAP細胞 残された謎

¥1,404 (税込)

著者:佐藤貴彦

四六判・200頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-21227-7

2015年12月発行

2014年1月、STAP細胞に関する論文が英科学誌ネイチャーに掲載された。

STAP細胞への疑義が発覚して約2年が経ち、いまなお検証と小保方氏へのバッシングが続いている。しかし、本当になかったのか――。

光る胎盤はどこへ行ったのか? 
なぜ再現実験は失敗したのか?
矛盾した調査報告がなぜ受け入れられたのか?

様々な観点から、真相の全容に迫る。