Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

SATOYAMAだっちゅ村開拓記
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

畑を作り、ログハウスを造り、奈良の荒廃地を
子どもたちが楽しく学べる場所へと開拓!

SATOYAMAだっちゅ村開拓記

¥1,944 (税込)

著者:三宅基之

A5判・190頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-17735-4

2013年3月発行

NPO法人奈良地域の学び推進機構による教育コミュニティづくりの歩みをまとめた一冊。

第1章では村づくりのエピソードが、第2章では子どもたちと行った事例の数々が、第3章では教育コミュニティづくりの仕掛け方が紹介されている。
また、巻末は環境教育や里山での活動を通した人づくりの実践ハンドブックとなっている。

著者紹介

三宅基之(みやけもとゆき)
有限会社コミュネット学校経営研究所 代表
NPO法人奈良地域の学び推進機構 副理事長
地域の学び推進機構 副会長
NPO法人経営パラリンピック委員会理事

「どの子にも、輝く笑顔と、学ぶ喜びを!」を基本理念に、
教育コミュニティづくりの運動を拡げ、人づくりに力点をおいた地域の教育力の向上に、取り組んでいる。
だっちゅ村開拓では、SATOYAMAを拠点に教育コミュニティづくり運動による地域の活性化を目指し活動を続けている。
放課後子ども教室、通学合宿、学校ボランティア、体験活動、授業改善、学校評価の研究等も幅広く行っている。

著書に『地域商店街の活性化とコンピュータの創造的活用』(1999)共著、『学校に求められる経営力―子ども発達支援マネジメント』(2007)編著がある。