Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

アリスパラドックス
  • Amazonで購入

無垢な存在の逆説。
独特の幻想的な筆致で描かれた長編小説。

アリスパラドックス

¥497 (税込)

虚構

A6判・110頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-86522-127-5

2017年6月発行

穴の中に何かが見える。
もはや人の形をとらないそれは、人形のように美しいと噂される、行方不明の少女。
名前を「桐生アリス」という。

秘密基地で見つけた、不思議な穴のアリス。
私の手を引き、現実に引き戻してくれるアリス。
お腹で胎動するもう一人のアリス。

無垢なアリス達が、ルイス・キャロルのパラドックスの上を滑っていく。

そして時は流れ、「桐生アリス」と名乗る女が山村の町の深夜、バスに乗り込んでくる。
「桐生アリス」とは一体何者なのか?
そして「桐生アリス」を名乗る女を乗せたバスは、
白兎のような軽やかな足取りで深い雨の山を進んでいく――。

『双生寓話、多胎。或いは誘蛾二人狂い』に続く
虚構、第2弾小説。

著者紹介

虚構(きょこう)
1989年12月8日生まれ。鹿児島県出身。