Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

はじめての方のための経営事項審査“入門書”経審の基本と6社の申請事例をわかりやすく解説
  • Amazonで購入

初心者、必見!行政書士法人スマートサイド作、わかりやすさを追求した経審の教科書

はじめての方のための経営事項審査“入門書”経審の基本と6社の申請事例をわかりやすく解説

¥1,980 (税込)

横内賢郎・村上未来

四六判・236頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-86522-308-8

2022年6月発行

「経営事項審査申請」や「公共工事の入札参加資格申請」を得意とする行政書士法人スマートサイドの行政書士、横内賢郎と村上未来がタッグを組んで執筆した待望の書籍。

公共工事を落札する際に必要な経営事項審査の手続きについて、初心者の方にわかりやすく、平易な言葉で解説。  
建設会社の方はもちろんのこと、建設会社をクライアントにもつ税理士、社労士、司法書士、行政書士など士業の先生方も、ぜひ、手元に置いておきたい渾身の一冊。

行政書士法人スマートサイドの既存本「建設会社の社長が読む手続きの本」の続編、「入札参加資格申請は事前知識が9割」の公共工事バージョン。

著者紹介

横内賢郎
1978年生まれ。東京都出身。2014年行政書士登録。2020年10月に行政書士事務所を法人化。建設業許可、経営事項審査、入札参加資格申請を専門分野とし、建設会社からの信頼が厚い。東京都を中心に抜群の申請実績を誇る実力派行政書士。その他「建設会社の社長が読む手続きの本」「入札参加資格申請は事前知識が9割」を執筆。
村上未来
1993年生まれ。神奈川県出身。20代中頃までは、音楽業界の仕事に従事。好きなことは趣味として大切にしながら、実のある仕事をしたいと考え、行政書士を目指す。令和2年度行政書士試験に合格。