Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

人生100年時代の考え方
家族信託を活用して我が家は「終活」進行中
  • Amazonで購入

争族を防ぐ、新しいかたちの相続「家族信託」のススメ

人生100年時代の考え方
家族信託を活用して我が家は「終活」進行中

¥1,000 (税抜)

谷口亨

四六判・160頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-86522-223-4

2020年4月発行

「終活」は、明日からの未来を生き生き過ごすための活動です。
35年にわたり相続等の多くの相談を受けて来た弁護士である著者が、「終活」の新しいかたち「信じて託す」という家族信託についてまとめた一冊です。

まだまだ知られていない「家族信託」について、実際の解決事例7例をQ&Aの相談から解答までわかりやすく解説しています。  
「面倒をみてくれる娘家族を安心させたい」  
「親亡き後も障がいを持つ子の将来を守りたい」  
「財産を一族で承継したい」  
「内縁の妻に自宅の居住権を確保したい」  
「事業資産と個人資産を分けて考える」  
「共有名義の財産はできるだけ早めに解決を」  
「地方にある先祖からの資産を法人に」  

人生のセカンドステージを迎える方に、「家族信託と終活の流れ」がわかるシニア必読の本です。

目次
はじめに
第1章 人生100年時代に生きる意味
第2章 「資産防衛」が必要な時代
第3章 家族のための信託
第4章 家族信託の活用事例
第5章 我が家はただいま終活進行中
あとがき

著者紹介

谷口 亨(たにぐちとおる)

弁護士。
1958年8月12日、秋田県生まれ。
中学生の頃、千葉県船橋市に転居。八千代市在住。
県立船橋高校、一橋大学法学部卒。
2015年12月からNPO終活支援センター千葉理事。自身も家族信託を活用した経験から家族信託等のセミナー講師も務める。

東京簡易裁判所調停委員、日本弁護士連合会代議員、東京弁護士会常議員を各歴任。
八千代商工会議所議員、県立船橋高校同窓会理事。
八千代ライオンズクラブ、千葉県中小企業家同友会所属。

新麹町法律事務所
電話 03-3234-0511
http://shin-kojimachi.com/