Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

高専は地球を救う 初めての「社会実装教育=テクノロジー×アントレプレナーシップ」の解説書
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

理系の子を持つ親御さん、先生方へ!
知られざる"高専"の魅力を徹底解説。

高専は地球を救う 初めての「社会実装教育=テクノロジー×アントレプレナーシップ」の解説書

¥1,980 (税込)

加椎玲二

A5判・252頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-33406-1

2024年3月発行

中学校卒業後5年間で大学の工学課程まで学ぶ高等専門学校、"高専"。
国立51校、公立3校、私立4校あわせて全国に58校あり、女性比率も2割超。
そこで行われている、あらゆる社会的課題を解決する人材を育てる"社会実装教育"とは?

高専卒業後、実際にものづくり企業で技術者として活動した筆者が分かりやすく解説。

著者紹介

加椎玲二
佐世保高専機械工学科卒業。本田金属技術株式会社に44年勤務し、TQM教育や社内の「ものづくり塾」で教授兼事務局として全社的な教育を推進した。現在は佐世保高専同窓会東京支部長を務め、高専制度の変遷や最近の動向を調査研究している。