Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

としの百年物語
  • Amazonで購入

95歳で作家デビュー! 
自らの半生をせきららに描いた自叙伝。

としの百年物語

¥1,200 (税込)

井村利

四六判・184頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-86522-287-6

2021年11月発行

new

大正から昭和、平成そして令和までの時代を駆け抜けた、利の自叙伝となる一冊です。

九十歳(2016年)から文筆に挑戦。  
六歳から十九歳まで朝鮮半島で青春を過ごし二十歳で結婚する。  
勇三さんとの波乱万丈の人生で、三人の子を育て、それぞれの子ども達も結婚。  
それぞれに三人の子(孫)が生まれる。  
九人の孫がそれぞれ結婚し、それぞれに子が生まれる。  
そうして、四十二人(2021年)の大家族になった。  

著者紹介

井村利(いむら とし)
1926年(大正15年)12月4日北海道池田町に生まれる。
六歳で朝鮮半島に渡り、十九歳のとき終戦し、北海道中標津に帰省。
ニ十歳で井村勇三と結婚。子ども三人(男子二人、女子一人)を育て、孫九人、ひ孫十七人、合計四十二人の大家族となった。

女学校時代に習得した和文タイプにより、独身の時はタイピストとして、終戦後は生きるために数々の仕事をし、働きづめであった。
1987年六十一歳で北海道由仁町に蕎麦処いむらを開店。
2010年夫の勇三が死去。利、八十三歳だった。
九十歳になったとき、今まで歩んできた人生を三年間かけて書き終えた。
娘の真裕美に手伝ってもらい、自叙伝として、本作を2021年に完成させる。