Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

つぶやきエッセイ 真白な秋
  • Amazonで購入

人生における「白秋期」真っただ中の等身大エッセイ。

つぶやきエッセイ 真白な秋

¥880 (税込)

足達光夫

四六判・212頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-86522-255-5

2021年2月発行

「白秋期」とは、人生のひととおりの役割を果たしたあと、自由の身となり、秋空のようにシートと澄み切った、静かな境地で暮らす時期。

七十代となった著者が、白秋期の中で考え、感じた四十九のエッセイ集。  
六十代、七十代の同世代へ、次の一歩を踏み出す参考となる一冊です。

著者紹介

足達光夫(あだち・みつお)
一九四九年十二月十九日 千葉県柏市生まれ
東葛飾高校 新潟大学工学部化学工学科卒
現 有限会社足達商店 有限会社アダチ住設・販売 代表

著書
『詩集 ある流れの中で』『詩集 心に残る人々へ』
『詩集 僕と俺とのつぶやきキャッチボール』(風詠社刊)
『詩集 アンとポン タンはいないけどコメはいる』(風詠社刊)
『座席』(パレードブックス刊)