Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

はじめての瞼
  • Amazonで購入

限りある出逢いを慈しみながら詠う著者の第二歌集

はじめての瞼

¥909 (税抜)

堀内ひでよ

四六判・88頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-86522-220-3

2020年4月発行

はじめての瞼に淡きあかり射し
     告げざるうちに手は解かれり

漁火を左と右から数へあひ
     最後のひとつを重ねあふかな

陽のひかりすみずみ浴びつ寝る夜に
     影に向かひてすべりゆく月

花鋏深き想ひをさつくりと
     裁てば冷たき小指 初霜

ロビンソン遠くを眺むること止める
     朝に拾へり角持たぬ石

――『はじめての瞼』代表歌5首


著者紹介

堀内ひでよ(ほりうち・ひでよ)
ブログ HITO-OMOI(ひとおもい)
https://blog.goo.ne.jp/oyedih922