Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

姑と私の七千日
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

姑の虐めに耐えた
七千日の記録。

姑と私の七千日

¥1,000 (税抜)

智恵子

四六判・160頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-27049-9

2020年2月発行

召使いのように用事を言いつけ、
夫が出産に立ち会うことを妨害し、
孫を差別し、
生活費を要求してくる姑――。
絶縁までの壮絶な日々。

ははが亡くなって七年半経ちましたが、未だにははの影に悩まされています。  
思い出すまいとしてもははが嬉しそうに意地悪や皮肉、嫌みを言う声が聞こえます。目の前に横顔が浮かびます。そのたびに耳鳴りがひどくなったり、梅核気の症状が出て、相変わらず辛い思いをしています。(本文より)