Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

命の道を行く
鄭明析氏の歩んだ道
  • Amazonで購入

キリスト教福音宣教会の創設者鄭明析牧師を語る

命の道を行く
鄭明析氏の歩んだ道

¥1,080 (税込)

秋本彩乃

四六判・156頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-26294-4

2019年7月発行

new

キリスト教福音宣教会について、スキャンダラスな報道などの影響で、良くないイメージが独り歩きをしていることを危惧し、正しい理解を得るために書かれた書籍です。

関係者への取材、鄭明析牧師の手記や礼拝説教の記録などから、創設者である鄭明析牧師の人となりや軌跡を追っています。  
この書籍が、キリスト教福音宣教会とその活動、また創設者である鄭明析牧師についての理解を深める一助となることを願います。

鄭明析牧師略歴

1945年、韓国忠清南道生まれ。
ベトナム戦争に2回派遣されたことを通して、命の尊さを痛切に悟り、命を大切にし愛を実践する人生を生きてきた。
キリスト教福音宣教会を創設して宣教活動を行うとともに、国際文化芸術平和協会の総裁として、文化交流、奉仕活動を支援している。

目次
まえがきに代えて
第一章 鄭明析氏の出生  
第二章 貧しさの中で
第三章 人生の問題
第四章 青春を捧げて
第五章 ベトナム戦争での経験
第六章 帰国後
第七章 ソウルへ
第八章 初めは微弱でも
第九章 懸け橋として
第十章 困難と迫害
第十一章 法廷闘争の行方
第十二章 希望の光
あとがきに代えて
年表