Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

女人生の咲かせ方
子宮摘出、産まない人生の先にみつけたもの
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

27才で子宮全摘、余命宣告予告。
でも、生きることを諦めなくて良かった。

女人生の咲かせ方
子宮摘出、産まない人生の先にみつけたもの

¥1,296 (税込)

秋津はな

四六判・128頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-26091-9

2019年6月発行

生きていく意味も、女である意味も、全て失った日……。

27歳の秋だった。  
突然襲った痛みに病院が下したのは子宮肉腫、そして半年の余命宣告予告。  
幸いにも癌は発見されなかったものの、「子どもが産めない身体」という事実は、幸せへの足かせとなった。  
そんな中で、結婚、再婚、そして天職を得て、  
いま心から言える「生きることを諦めなくて良かった」  
同じ想いを抱える女性へ、自身の人生をどう受けとめ、どんなふうに生きていくのか、  背中を押してくれる一冊です。

〈 プロローグ 〉
空の上のMちゃんへ

第1章 発覚
子宮全摘、余命半年
入院生活の始まり

第2章 どん底
医療格差と医師とのコミュニケーション不足が時に命を奪う
心踏みにじる問診
自殺を考えて
子ども達の声

第3章 出逢いと別れ
女性のシンボルだもん、絶対取られたくない
でも、それが命と引き換えならば 仕方ない
Mちゃんとの出逢い
1輪の黄色いバラ
最後の生理
誰かのための命
手術を終えて
Mちゃんはいなくなった

第4章 迷 い
生きること
退院後の日々の中で
結婚がゴールでないと知った時
母の癌、夫婦の崩壊

第5章 決意、そして再生――
離婚しても花があった
思いがけない再婚
出産適齢期を過ぎても
両親を看取って

第6章 dear~ここにある幸せの花たちへ
幸せの基準はどこにある?  
私が作られるまで
花が教えてくれたこと

あとがき

〈 エピローグ 〉
空の上のMちゃんへ~今

著者紹介

秋津はな(本名:秋津ゆきみ)
熱海市出身
10代から花を学び、フラワースタジオの講師を務めた後、花屋開業。
現在は花屋の女将。