Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

毎日が奇跡 半身麻痺の妻が難病ALSの夫を自宅で介護した八年間
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

夫は難病ALS、私は右半身麻痺、
それでも笑顔で過ごした奇跡の日々

毎日が奇跡 半身麻痺の妻が難病ALSの夫を自宅で介護した八年間

¥1,200 (税抜)

著者:根本あや子

四六判・142頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-20322-0

2015年4月発行

49歳の夏、くも膜下出血を発症し、右半身麻痺となった著者。その5年後、今度は、夫が難病ALS(筋委縮性側索硬化症)と宣告された。

無謀ともいえる人工呼吸器装着での難病の夫の在宅介護。できないことは「ありがとう」の感謝の気持ちで、できることは「どういたしまして」の思いやりで。多くの人に支えと家族の力をあわせて、笑顔の日々を全うした自宅で過ごした8年間の軌跡。

著者紹介

根本あや子(ねもと・あやこ)
1950年4月2日 茨城県日立市に生まれる
1979年10月 結婚、その後2人の息子を授かる
1999年7月 くも膜下出血により、右半身麻痺となる
職業:専業主婦
趣味:バイオリン演奏、料理、ドライブ