Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

なつかがなつかであるために
~15歳 踏み出す一歩~
  • Amazonで購入

なつかシリーズ第2弾!
思春期をむかえた養親子のあらたな一歩。

なつかがなつかであるために
~15歳 踏み出す一歩~

¥1,100 (税抜)

著者:あいだひさ
イラスト:白保美香
企画:公益社団法人家庭養護促進協会

四六判・118頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-86522-099-5

2016年9月発行

『少年剣士なつか』のその後。
思春期を迎えたなつかが、あらたな一歩を踏み出すまでの物語。

「翔太は翔太だよ。似てなくってもいいに決まってるよ」
と言って、なつかは自分のことを振り返る。

『父と母と自分は、何も似たところがない、
血がつながっていない家族なのだ。
母と笑顔が似ているなどとよく言われるが、
それは一緒に暮らしているうちに似てきただけで、遺伝ではない。
親と子は別々の人間だ。兄弟姉妹だって違う人間だ。
似ているところもあるだろうが、似ていないところもあるだろう。
違う人間なんだから、みんな違って当たり前だ…』
そう思って育ってきた養子のなつかが、ふと立ち止まり、考える。

目次

第一章 真実告知
第二章 思春期の真ん中で
第三章 家族の在り方
第四章 大人になる
第五章 踏み出す一歩

著者紹介

<著者>
あいだひさ
米国、日本、東南アジアで言語教育に携わる。1998年帰国後、家庭養護促進協会を通して出会った子どもと特別養子縁組をし、家族となる。現在は日本で言語教育のほか、異文化を受け入れる大切さを伝える講義を担当。

その他の著作
絵本『たからものはなあに』(偕成社)
小説『少年剣士なつか』(パレード)

<イラスト>
白保美香(しらほ・みか)
幼い頃よりイラストを描くことが好きで、高校ではデザイン科で学ぶ。2006年頃より、障害者運動の一員として、ポスターやCDのジャケットなどのデザインを手がけるようになった。本作では、文章から情景を正確に読み取り、描く持ち味を大いに発揮している。

<企画>
公益社団法人 家庭養護促進協会
大阪事務所 TEL 06-6762-5239
http://homepage2.nifty.com/fureai-osaka/