Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

霜月の夕暮れ 認知症への新たな問いかけ
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

65歳以上の7人に1人は認知症です。

霜月の夕暮れ 認知症への新たな問いかけ

¥1,100 (税込)

成川有一

四六判・152頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-30491-0

2022年6月発行

new

火の不始末とちぐはぐな鍋料理から始まった、認知症の母親を抱えたひとつの家族の物語。

認知症と共に生きる高齢者の人口は今後も増加し、2025年には高齢者の5人に1人、国民の17人に1人が認知症になるものと予測されています。  
このような時代にあって、私たちは、どのようにすれば生き残っていけるのでしょうか。  

長らく認知症の医療相談に関わってきた医師の立場から、認知症を抱えた家族の葛藤を描いた小説。

著者紹介

成川有一(なりかわ ゆういち)
医療法人社団恵有会 緑協和病院 前理事長・前院長。
1948年生まれ。
東京医科大学を卒業、血液学にて博士号取得。
昭和59年、横浜市に個人病院として緑協和病院を開設。
平成29年、医療法人に組織変更。
オーナー院長として自由奔放な発想で36年間病院経営を行う。
本業の傍ら、ホームページを通し医療関係のブログ開設、独自の視点で認知症の解説並びに医療相談を行ってきた。
令和2年5月31日をもって勇退。