Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

昭和のかたちの愛 小さな芸術家 春の寂寥
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

昭和というネットもスマホもない時代、あのころの私がここにいる。

昭和のかたちの愛 小さな芸術家 春の寂寥

¥1,320 (税込)

言田みさこ

四六判・202頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-29065-7

2021年7月発行

new

純白の美の片鱗を持つ女性像を
ひとつは内側から
<道子>の気持ちや考えの中に
ひとつは外側から
<私>という見苦しい世間があぶりだす悲恋の中に
心の内側と世間という外側から描いた2つの小説集

「小さな芸術家」
戦後の貧しい家に養女として育った道子。
実の母から冷たい目を向けられても、愛を求め、自分の夢や考えを持ちながら前を向いて生きている。
家族を亡くし、孤独と疎外感のなかで、ひとり生きていくことを決めた道子に見えたひとすじの光。

「春の寂寥」
私は、思春期の人間関係からの教訓で、何事もほどほどにという信念を持ってきたはずだった。
ある時、勤め先である田舎のガソリンスタンドで起きた、痴情のもつれ。持ち前の正義感から関係を解きほぐそうと、彼女の起こした行動が思わぬ悲劇を生むことになる。

著者紹介

言田みさこ(いいだみさこ)
1949年生まれ。神奈川県出身。女子大中退。
著書:自分史『そよ風と風船』(文芸社) 、 長編小説『白夢の子』(東京図書出版)