Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

新憲法の夜明け
The Dawn of a New Constitution

戦後70年。
論議が続く日本国憲法の、ルーツを紐解く。

新憲法の夜明け
The Dawn of a New Constitution

¥2,160 (税込)

著者:小玉正朋
(翻訳:カール・フレーレ)

A5判・240頁(ハードカバー)

ISBN 978-4-86522-053-7

2015年7月発行

日本の憲法については、未だ「押しつけられた憲法」という論調が根強い。しかし実際に成立するまでには、ドラマチックな道のりがあった。

第一章では、日本がどう新憲法を受け入れていったのか。第二章では幣原・マッカーサー会談での戦争放棄条項と、世界の戦争・非武装を巡る動向を描く。

全編の英訳のみならず、大日本帝国憲法・ポツダム選言・GHQ草案・日本国憲法の原文+英訳を掲載。
日本のこれまでとこれからを、広く知ってもらいたいという著者のメッセージがこめられている。