Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

歩くこと、登山は賢者のスポーツ

中高年向けの登山のいろは教えます!

歩くこと、登山は賢者のスポーツ

¥823 (税込)

著者 大森薫雄

四六判・122頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-939061-53-0

2011年12月発行

販売を終了しました

近年の登山は、多様な方々が、
里山ハイキング、トレッキング、縦走、沢登り、冬山、
ロッククライミング、アイスクライミング、フリークライミングなど、
個性的な発想にもとづいて多岐にわたり、
多様な登山を展開するようになってきている。

その登山の発展に欠かすことのできない医学的重要課題である
高所の影響とその対策、科学的トレーニングの問題、
登山によるスポーツ障害、中高年登山者の体力の問題、
アンチドーピング問題などについて論述。
「歩くこと」、「登山」は、『賢者のスポーツ』であるという信念の元に執筆された。

著者紹介

1933年岐阜県吉城郡神岡町(現飛騨市)に生まれる
1960年東京慈恵会医科大学卒業
1960年日本山岳会入会
1965年東京慈恵会医科大学大学院博士課程修了、医学博士
1970年日本山岳会エベレスト登山隊参加
1993年神奈川県立厚木病院院長
1994年東京慈恵会医科大学整形外科客員教授
1995年日本体育協会公認スポーツドクター
1997年日本山岳会副会長
1999年社会福祉法人神奈川県社会福祉事業団横須賀老人ホーム診療所長
2000年明治大学ガッシャーブルムⅠ、Ⅱ峰登山隊参加
2003年日本山岳協会副会長
2009年日本山岳文化学会会長
2010年永眠(享年76歳)