Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

徳川将軍家墓碑総覧
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

全300人の本墓と供養塔から、墓制史を解明!

徳川将軍家墓碑総覧

¥8,640 (税込)

著者 秋元茂陽

B5判・352頁(ハードカバー)

ISBN 978-4-434-11488-5

2008年1月発行

徳川将軍家、全300人の全国に散在する本墓と供養塔から、
徳川将軍家の墓制史を解明する調査資料集。

徳川将軍家墓碑総覧300人の内訳
初代家康から17代家正までの全17将軍(当主)、
同17人の生母、正室、側室の全104人、
同17人の子女、全179人。

収録されている総寺院数
北は、福島県猪苗代町の見祢山から、
南は佐賀県唐津市の浄康寺までの全127ヶ所。

収録されている総墓碑数
全290基。

著者紹介

秋元茂陽(あきもと・しげはる)
石塔文化史研究家

昭和33年(1958)東京都世田谷区生まれ。

皇室・大名・公卿・華族ほかの墓所の研究を続け、現在に至る。
平成10年『江戸大名墓総覧』出版
同12年、日本家系図学会『丹羽記念学術賞』受賞