Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

先生、どうして足がないの?

14歳のときに事故で両足を失った少女は、教員になるという夢を叶え、いま、教壇に立つ。

先生、どうして足がないの?

¥1,337 (税込)

著者 鈴木良美・鈴木繁雄 共著

四六判・158頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-10221-9

2007年2月発行

販売を終了しました

中学時代に両足を失った女性が、
小学校の先生になる夢をあたため続けた。

人生は、考え方次第で、
いくらでも有意義に生きられる。

中学2年生で事故に遭い、両足を切断。しかし、多くの人に支えられ、彼女自身が夢や
目標を持ち続けたことで、一時はついえかけた彼女の人生が再び輝きを取り戻した。

「人を信じ、自分自身を信じたい」「生きる喜びを心いっぱいに満たしたい」
そんな思いに応える渾身のドキュメンタリー。