Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

医の旅路るてん 曲直瀬玄朔と聖医父曲直瀬道三篇
  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • omni7で購入

安土桃山時代の名医、曲直瀬親子の道をたどる!

医の旅路るてん 曲直瀬玄朔と聖医父曲直瀬道三篇

¥1,944 (税込)

著者: 服部忠弘

四六判・456頁(ハードカバー)

ISBN 978-4-434-21267-3

2015年11月発行

近代医学に繋がる「仁愛」を基本にした李朱医学を高らかに唱え、日本に普及させた曲直瀬道三。
また、文禄・慶長の朝鮮の役や秀吉の禁教令の荒波をかぶりながら、流罪同様の苦をものともせず疾駆した、養嗣子の曲直瀬玄朔とは如何なる医人なのか!

『医の旅路はるか』に続く、本格派歴史エンターテイメント小説第2弾!

信長・秀吉・家康の天下取りと交わり、医学塾をひらき、多くの門下生を育てた安土桃山時代の名医「曲直瀬道三と玄朔」私のファミリーストーリーの原点がここにあった。
――渡辺プロダクショングループ代表 渡邊美佐

真の医学を志す若者、企業家として頑張っている青年諸氏には、ぜひ人生読本として熟読してほしい一冊である。
――医療法人朋愛会会長・社会福祉法人サンタマリア会理事長 和倉義治

著者紹介

服部忠弘(はっとり ただひろ)

1943年茨城県古河市生まれ。
国際特許事務所勤務、Honda系列会社勤務を経て、
現在、楊名時健康太極拳の指導に当たる。
東京都八王子市在住。
2011年『医の旅路はるか』でデビュー。医道の精神を貫く曲直瀬道三とその師田代三喜の生涯を描き、「日本図書館協会選定図書」に推奨される。