Category

  • 小説
  • エッセイ・詩・ノンフィクション
  • 趣味・カルチャー
  • 生活・健康
  • 論文・学術書・参考書
  • 絵本・児童書
  • ビジネス・経営・情報
  • 社会・思想・哲学
  • 写真集
  • 電子書籍

パレードブックスの自費出版サービス

ルイ、うたいます。

ルイ、うたいます。

¥1,028 (税込)

著者:うちのかおり

四六判・198頁(ソフトカバー)

ISBN 978-4-434-14390-8

2010年4月発行

販売を終了しました

ここに、うたうことを通して旅する妖精がいます。

ほら、きらきらとウタの光をふりまいて、
あなたの肩で一休みしていますよ。

悲しみの春。単なる繰り返しの春。絶望の春。
ルイは独りぼっちだった。過去も現在も、きっと未来も。
永遠と続く寂しさが目の奥に巣くって、こめかみをきゅっと締め付けている。どんなに楽しくて気に入った場所を見つけても、ずっとそこにいることは出来ない。綿帽子になったら出会ったもの全てに背を向け、風に乗って旅に出なくてはならないからだ。
     ――本文より

孤独を感じるルイは、タンポポの妖精。春になり、花の妖精として宿命の旅に出る。旅の先々で出会う花の妖精、人間や虫たちとの心温まる物語。タンポポの妖精ルイは「生きる」意味を見つけ出せるのか?

著者紹介

うちのかおり
滋賀県在住。
2006年 「おひさまのセーター」刊行。